製品紹介/Product Information

セミトロン(R)ESd :導電・帯電防止用素材Semitron®ESd

セミトロン®ESdは、恒久的導電・帯電防止性素材で、ベースポリマーの異なる7種類をとり揃えており、広範囲の温度域をカバーできます。

セミトロン(R)
>特長
1.  導電・帯電防止性
>主な用途
各種製造ライン用部品、半導体・液晶製造装置部品
半導体検査装置部品、電気・電子部品
搬送容器・治具

※〔 〕は旧日本ポリペンコ(株)の製品名です。

セミトロン® ESd225 POM-C

ポリアセタールベース

セミトロン(R) ESd225 POM-C

セミトロン® ESd410C PEI/ESd420 PEI

ポリエーテルイミドベース

セミトロン(R) ESd410C PEI/420 PEI

セミトロン® ESd520HR PAI

ポリアミドイミド ベース

セミトロン(R) ESd520HR PAI

セミトロン® ESd490 PEEK

ポリエーテルエーテルケトン ベース

セミトロン(R) ESd490 PEEK

セミトロン® ESd300 PET

ポリエチレンテレフタレートベース

セミトロン(R) ESd300 PET

NEW セミトロン® ESd PEEK-CNT

ポリエーテルエーテルケトンベース

セミトロン(R) ESd PEEK-CNT

その他の導電・帯電防止素材は、下記のページをご覧ください。

MC501CDシリーズ / MC500AS R11はこちら
タイバー®1000EC / 1000ESd UHMW-PEはこちら
ケトロン®CA30 PEEKはこちら

警告

1.  セミトロン®ESdを発熱体、接点および端子等の電子部品として使用しないで下さい。
2.  セミトロン® ESd225 POM-Cは指定可燃物に属しますので消防法および火災予防条例に従って保管・管理して下さい。
3.  セミトロン® ESd225 POM-Cは特に吸水性があり、寸法が増加しますので、設計および保管の際には十分ご注意下さい。
4.  セミトロン® ESd300 PETをアルカリ性および55℃を上回る温水中で使用しないで下さい。

 

注意

1.  ベースポリマーの違いにより、物理的、化学的および熱的性質が大きく変わりますので、応用にあたっては特性の見極めが必要です。
また、溶媒・溶液の種類によっては、充てん剤が抽出されることがありますので、使用前に同一環境下で試験することをおすすめします。
2.  セミトロン® ESd410C PEI、セミトロン® ESd420 PEI、セミトロン® ESd520HR PAI、セミトロン® ESd300 PETはノッチ感度が高い材料の部類に入りますので、設計にあたってはコーナー部および角部はアール(R)を確保するようにして下さい。
3.  セミトロン®ESd490 PEEK、セミトロン®ESd PEEK-CNTはガラス転移点143℃付近で機械的性質が大きく変質しますので、設計にあたっては注意が必要です。
4.  セミトロン® ESd PEEK-CNTは、表面から0.1mm以内は「不導通層」ですので、設計にあたっては注意が必要です。
5.  機械加工する際は、発生する浮遊粉じんを吸入しないようにしてください。
*Semitron® QUADRANT QUADRANTグループの登録商標です。